2007年12月18日

闇業者〜のからくり


 商売を円滑に進めていくためには余分な在庫を極力持たないことが鉄則。そのため最近では「サプライチェーン・マネジメント」のようにITを駆使した在庫管理の手法も生まれている。ただし高度な在庫オペレーションは取引業者間で優位な立場の業者の都合によって管理されていることが多く、立場が弱い業者にとってはあまり恩恵を得ることができない。むしろ、本来は相手業者が持つべき在庫までを自社が抱えてしまうことさえある。そこで大量に発生しているのが、正規のルートを逆流して返品されていく商品である。

またオンライン通販業者では、購入者から返品された商品を“不良在庫”として抱えるケースも増えている。返品に対するショップ側の姿勢はそれぞれ異なるが、通信販売は購入時に商品を手に取って確認できない欠点があるため、ショップ側が積極的な返品受付をすることで、消費者が日頃から抱いている“通販の壁”を取り除こうとする業者も増えている。ただし返品された商品は、そのまま別の顧客へ販売することが難しいため、返品商品をできるだけ損のない形で処分できるノウハウが求められている。

正規ルートから一度外れた返品商品は、消費者の目に触れることなく二次的な流通経路を辿っていくことになるが、これは「返品流通(リバース・ロジステックス)」と呼ばれている。メーカーから小売店に供給される商品の中で、売切ることができずに返品される商品の数(返品率)は、小売業界全体では平均して3%前後と言われていることから、相当な数の商品が裏のルートで処理されていることになる。その中の一部はディスカウントショップやリサイクルショップへと投げ売りされたり、廃棄処分されてしまうこともあるが、そこでは独特のビジネスが展開されている。

返品流通のビジネスがおもしろいのは、商品の引取りや処分のための条件として金銭面の条件よりも、返品処分の秘密が絶対にバレない信頼できる業者が選ばれるという点だ。そのためこの裏市場で信用を築いた業者は、価格競争に巻き込まれる心配の少ない継続的な取引をすることができるのだ。

って話です。本で読んだ感じで書いちゃいました。
posted by あらいっち at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73460329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。